カンジダの薬

カンジダの薬

膣カンジダは、本来膣内に存在している常在菌のカンジダ菌が、過労やストレス、抗生物質の使用などによりバランスを崩し増殖してしまう病気です。

 

男女ともに発症しますが、性器の構造上男性器は外に露出しているため通気性がよく、あまりカンジダ菌の増殖の原因になる環境にはないんですが、女性器は身体の中にあるため、カンジダ菌の増殖しやすい温度と湿度のある環境になりやすいんですね。

 

また、セックスによってパートナーから感染するケースも考えられます。

 

 

抗生物質の服用に関しては、普段性器を守っている善玉菌など他の細菌が死滅すると、体内の菌のバランスが崩れ、真菌であるカンジダが異常増殖する場合があります。

 

その他、通気性の良くない下着を着用していることによる、いわゆる「ムレ」によりカンジダ菌が増殖する事も考えられます。

 

女性の場合は、生理前で膣内が酸性になりホルモンバランスが崩れた場合も発症する事があります。

 

治療法は、直接患部に塗り薬を塗る方法と、飲み薬を服用する方法があります。

 

デリケートゾーンにかゆみを感じたら、まずはクリニックを受診し、かゆみの原因がカンジダなのか他の性感染症なのかを診断してもらってください。もし診断の結果がカンジダであれば、毎回クリニックに行って診察料などの費用を掛けなくても、インターネット通販でカンジダの薬を購入する方法があります。

 

さらに、ジェネリック医薬品を使えばさらに安くカンジダの薬を購入することが出来ます。

 

>>>カンジダの薬詳細はこちら

カンジダの薬予防

膣カンジダにならないために、どのような予防策を取ったらいいんでしょうか。

 

膣カンジダは、体調の不良により免疫力が落ち、膣内のカンジダ菌が増えるわけですから、なかなか難しいとは思いますが、規則正しい生活を心がけ、バランスの取れた食事と睡眠をしっかり取ることを心がけましょう。

 

パートナーとセックスする際にはコンドームの着用を必ずしましょう。

 

 

また、もし腟カンジダを再発した場合には、パートナーに感染している可能性があるため、腟カンジダに感染したことを伝え、パートナーの方は陰部のかゆみ、発赤等の不快症状があれば、すぐに医師の診療を受けましょう。

 

かゆみがあっても外陰部をかかないようにしましょう。

 

かくと刺激がひどくなったり、感染が広がる可能性があります。

 

普段から通気性の良い下着を身に着け、外陰部を清潔に保ちましょう。

 

ただし、膣内を洗浄しすぎると善玉菌まで洗い流してしまい、逆に感染症発生の原因になる可能性があるので注意しましょう。

 

再発率がかなり高い病気なので、再発を防止するためにも、生活習慣を見直しカンジダが増殖した根本原因を取り除いて、感染を起こさない身体環境に整えることが重要です。

 

>>>カンジダの薬詳細はこちら

カンジダの薬ジェネリック

カンジダの薬のジェネリックで、代表的なものを紹介します。

 

飲み薬

 

フォルカン(ダイフルカンジェネリック)

 


 

カンジタ症治療薬として開発された「ダイフルカン」のジェネリック、フォルカンです。カビ(真菌)に対する抵抗を強め回復させ、1日1回の使用で、カンジダ症、真菌症に効果を発揮する抗ウイルス薬です。

 

150mg 1箱(合計15錠) \3,780

 

 

テルビナフィン(ラミシールジェネリック)

 


 

日本の皮膚科でもよく処方されているノバルティス社の「ラミシール」のジェネリック医薬品です。デリケードゾーンの痒みを起こすカンジダ菌に効果があります。

 

250mg 1箱(合計28錠) \3,280

 

 

塗り薬(ジェネリックではありません)

 

ラミシールクリーム

 


 

ラミシールの成分テルビナフィンは、真菌の細胞膜を破壊し殺菌的に作用します。通常1 日1 回、ラミシールクリームを患部に使用します。

 

内容量: 10 gm \2,980

 

 

 

ジェネリック医薬品は新薬の特許が切れた後に、同じ成分で名前を変えて製造された医薬品で、「後発薬」とも呼ばれています。

 

新薬のように膨大な開発費がかからないので、驚くほど安い値段で発売されます。

 

膣カンジダの治療薬にもジェネリックはたくさん存在します。

 

ただ、気を付けなければならない事は、ジェネリックの「ニセモノ」が多数出回っている事です。

 

通販で膣カンジダ薬を購入する際には、「正規品」を取り扱っている業者を選びましょう。

 

このサイトで紹介している業者は「正規品」のみの扱いなので、安心して購入できます。

 

>>>カンジダの薬詳細はこちら